パソコンのIPアドレスを変更する方法【Windows8/8.1,7/Vista編】

IPアドレス自動変更ソフト
ランキング自動アップソフト

Windows8/8.1、Windows7のパソコンのIPアドレス変更、任意のIPアドレスに固定する方法を解説します。
特殊な設定をしていない限り、一般的にはIPアドレスは『自動的に取得する』設定になっています。
これは動的IPアドレスと言って、パソコンを起動するたびにIPアドレスが変更する事を意味します。
(実際はプロバイダによって違いますが一定期間の間隔でIPアドレスが変更する。)
IPアドレスが動的に変更すると、ローカルエリアネットワーク内でIPアドレスベースでデータ通信が必要な場合など困ったり、IPアドレスの競合や、接続元がIPの自動振り分けに対応していない場合があります。
そういった場合には、パソコンに静的なIPアドレス(IPアドレス固定)を設定する必要があります。
また、IPアドレスを固定(静的IPアドレス)することによってパソコン起動時の高速化につながります。

Windows8/8.1のIPアドレス変更・固定設定方法

それではWindows8/8.1の設定をIPアドレスを自動的に変更(動的IPアドレス)する『自動的に取得する』設定から、IPアドレスを固定(静的IPアドレス)する設定へ変更する方法を解説します。

  1. [Windows]キーを押しながら[X]キーを押すと、画面左下に一覧が表示されますので[コントロール パネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]の[ネットワークとインターネット]を選択します。
    [コントロールパネル]の[ネットワークとインターネット]を選択
  3. [ネットワークと共有センター]を選択します。
  4. アクティブなネットワーク表示」項目の[イーサネット]をしクリックします。
    [イーサネット]をしクリック
  5. 「イーサネットの状態」が表示されるので[プロパティ]をクリックします。
    [プロパティ]をクリック
  6. [インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)]を選択し[プロパティ]をクリックします。
  7. [次のIPアドレスを使う]を選択(チェック)します。
    [次のIPアドレスを使う]を選択(チェック)
  8. 赤で囲んだ部分に任意の数値を入力し[OK]で終了です。
    IPアドレスの変更は、IPアドレス入力エリアで入力されているアドレスを変更します。
    赤で囲んだ部分に任意の数値を入力し[OK]で終了

IPアドレスには『192.168.0.XXX(XXXは2から199、204から254の数字かつ同一ネットワーク内で使用していないIPアドレス』を入力します。
サブネットマスクには「225.255.255.0」を入力します。
デフォルトゲートウェイ、DNSは必要な場合のみ入力し空欄でも大丈夫です。

Wi-Fiなどルーターの出荷時のIPアドレスは取扱説明書などをご参照ください。
すでにネットワークが存在する場合、設定する値が異なる場合があります。 詳しくはネットワーク管理者にご確認ください。

Windows7/VistaのIPアドレス変更・固定設定方法

次にWindows7/Vistaの設定をIPアドレスを自動的に変更(動的IPアドレス)する『自動的に取得する』設定から、IPアドレスを固定(静的IPアドレス)する設定へ変更する方法を解説します。

  1. [スタート] → [コントロールパネル] → [ネットワークと共有センター] → [アダプターの設定の変更] を選択します。
    [ネットワークと共有センター] → [アダプターの設定の変更] を選択
  2. [ローカルエリア接続]or[ワイヤレスネットワーク接続]を右クリックし[プロパティ]をクリックします。
    [ローカルエリア接続]を右クリックし[プロパティ]をクリック
  3. [ユーザーアカウント制御]のメッセージが表示された場合は[続行]をクリックします。
  4. [インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)]を選択し[プロパティ]をクリックします。
    [インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)]を選択し[プロパティ]をクリック
  5. [次のIPアドレスを使う]を選択(チェック)し、任意のIPアドレスを入力します。
    IPアドレスの変更は、IPアドレス入力エリアで入力されているアドレスを変更します。
    ・[次のIPアドレスを使う]を選択(チェック)し任意のIPアドレスを入力

IPアドレスには『192.168.0.XXX(XXXは2から199、204から254の数字かつ同一ネットワーク内で使用していないIPアドレス』を入力します。
サブネットマスクには「225.255.255.0」を入力します。
デフォルトゲートウェイ、DNSは必要な場合のみ入力し空欄でも大丈夫です。

Wi-Fiなどルーターの出荷時のIPアドレスは取扱説明書などをご参照ください。
すでにネットワークが存在する場合、設定する値が異なる場合があります。 詳しくはネットワーク管理者にご確認ください。

まとめ

プロバイダなどで固定IPアドレスを個別に契約されている方は、この方法でIPアドレスをする事が可能です。
また、IPアドレスが変更、固定できない場合は、すでに契約されているプロバイダによるネットワークが存在する場合が多く、こう言った場合はプロバイダなどネットワーク管理者にご確認ください。

NordVPN
ExpressVPN

関連記事

  1. 無料VPNソフトおすすめ5選!メリットとデメリットを徹底比較

  2. IPアドレス偽装(変更)が簡単に出来る方法はコレです!

  3. VPNでIPアドレスを変更(偽装)し、ランキング、アフィリエイト、アカ…

  4. IPアドレス偽装を徹底リサーチしまとめました!【★必見保存版★】

  5. IPアドレス偽装をブラウザで簡単実現!【最新版】

  6. 【最新版】VPNアプリ「Android、iPhone(iOS)」おすす…

Sponsored Link




Popular Articles

  1. IPアドレスを変える!【初心者必見!完全版】
  2. 目的別おすすめIPアドレス変更ソフト
NEW ENTRY Fallen覇王に関して
  1. IPアドレスを変える!【初心者必見!完全版】

CATEGORY (ご購入者様の声)

Fallen覇王ご購入者様の声

Recommended Software

IPアドレス自動変更ソフト

アメブロアクセスアップツール